住宅ローンにカードローンは影響しますか

キャッシングベスト3

住宅ローンを組む時、カードローン利用歴は影響するのですか

このたびやっと住宅ローンで家を買おうということになりました。子どもがもう中学生になってしまったけど、夢のマイホームなので楽しみです。ですが、カードローンを利用していたことがあるので、そこだけが気がかりです。カードローン利用歴は住宅ローン契約に障害になるのでしょうか。

滞納歴がなければカードローン経験アリでも住宅ローンは組めます

消費者金融やクレジットカード利用で住宅ローンに影響するかどうかは、その時になると急にドキドキする心配事ですよね。わかります。私たち家族も住宅ローンを組む頃は、借金はダメ、転職もダメ等々、何かと神経質になったものです。ところが、消費者金融のカードローンも、クレジットカードの利用も、無担保ローンで、かつ信用があるから利用できたという意味で、返済の滞りなどがない場合は特に問題にならないようです。これを知ってから、あの頃私たち何を神経質になってたんだろうねって笑って話します。

住宅ローンは担保があるため、消費者信用はあまり問題にならないらしいですよ。でも、一度でも滞納がある場合はどうなるかわかりません。もちろんカードローンと関係なくても、携帯電話料金の滞納なども気をつけるべきですね。それから、消費者金融よりもクレジットカード利用の方が問題ないような世の中だと思いますが、消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシングは、両方消費者信用となり、買い物のカード利用は販売信用というらしいのです。

どちらも別の信用情報に登録されるのですが、その情報は共有されていて、さらに住宅ローンには影響することがないと思われるので、あまり神経質にならなくていいみたいです。神経質にならなければいけないのは、滞納だけです。こうなると、返済日のうっかり忘れも気をつけなきゃいけませんね。

カードローンが住宅ローンの審査に影響を与えないようにする方法

住宅ローンの審査に落ちが原因が、過去に利用した事のあるカードローンだったという話を聞くことがありますから、カードローンを利用しないほうが良いと考える人もいるでしょう。しかし、これはごく一部の人の話であって、カードローンを利用した全ての人が住宅ローンを組めなくなるわけではありません。ですから、普通に使うのであれば特に気にしなくても良いと言えるでしょう。

では、どのような場合に住宅ローンに影響があるのでしょうか。まず申し込みの段階で借り入れがあると、住宅ローンで借りることのできる金額が小さくなることはあります。申し込みの段階では完済しておくのが良いと考えられます。もしも将来的に利用する予定がないのなら、申し込みをする前に解約しておくのも良い方法です。こうすることによって返済可能性が高いことをアピールする事もできるのです。

次に考えて置かなければならないのが信用情報です。少額しか借り入れをしなかったとしても、返済を正しく行わなかった場合には、信用情報に傷が付くこともあります。そうなると、他の金融機関からも借り入れをすることができなくなりますから、かなり後になってローンを組もうと思っても組むことができなくなることもあるのです。

信用情報に傷が付くケースというのは金融機関によって異なっていますが、例えば返済が遅れたときには信用情報に傷が付くと考えておきましょう。3ヶ月にわたって返済をしなかった場合には信用情報に傷が付くと言われることが多いですが、この期間は金融機関によって異なっていますから、3ヶ月までなら大丈夫だと考えるべきではありません。

結論的に言えば、正しく使っていれば特に問題はないと言えるでしょう。返済ができないくらい借り入れを行っていたり、あるいは返済が遅れたりすることがなければ、住宅ローンの審査で落ちるということは考えにくいと言えるでしょう。正しく利用して正しく返済をするのが良いと考えられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 消費者金融の審査に通らないと諦めないで!オススメ会社一覧 All Rights Reserved.